言い訳をモノの力を借りて解消する。smart keyboardを導入しました。




こんにちは、ながねです。

 

先日、smart keyboardを購入しました。

もともと、10.5インチのiPad pro を購入した主な理由が「Apple Pencilを使ってみたかった」だったのでsmart keyboardの購入予定はありませんでした。

ですが、今回購入に至った理由がひとつだけあります。

 

言い訳の要因をなくす為

 

普段、メインマシーンとしてMacBook Proを使用しています。

ただ、どうしても毎日持ち歩くのにはちょっと難しいところがありました。

 

一方で、iPadは仕事でも電子メモとして使用しているので毎日持ち歩いています。

そして、何か作業するときは誘惑の多い家よりも外にいた方が効率がいい。

「じゃあ、持ち歩けるパソコンを!」という事でsmart keyboardを導入しました。

 

実際にsmart keyboardを導入する事で、外でもブログを書くなどの作業が快適にできるようになりました。

というより、場所を言い訳に使えなくなった。

どこでも作業ができてしまうんだもの。入力作業ならなおのこと。

「家にパソコンがあるから、家に帰ってからやろう」という言い訳が成り立たなくなりました。

 

言い訳をなくす為にモノの力を借りるっていいものですね。笑

私が甘いだけなのは、言わないで笑

 

iPadはMacBookの代わりになるのか?

 

smart keyboardを導入した事で、外でもパソコン作業ができるようになりました。

でも、私はiPadは完全にMacBookの代わりにはならないと思っています。

 

その理由は、「MacBookのtrack padがもうほんとに快適だから。」

MacBookを買って何より感動したのがtrack padの快適さ。

反応が早くて、軽い。「直感的操作とはまさにこのことか!」という衝撃がありました。

 

smart keyboardをつけることで、iPadでの作業は確かに快適になりました。だけど、iPadはどうしてもタッチ操作になってしまいます。

なので、やっぱりtrack padのあるMacBookの方が作業自体は快適にできます。

あと、Word Pressでの更新はパソコンの方がしやすいかなと思います。

 

まとめ

 

MacBookの代わりになるとは思いませんが、smart keyboardで得られた一番の恩恵は「作業場所を選べなくなった事」だと思うのでいい買い物が出来たかと思います。

 

私は持ち物が少ない方がいいと思う方ですが、今回のようにモノの持つ強制力を活かして行動を促すという事もありだなと思えました。

行動を妨げる要因を解決する為に、モノをの力を借りる。

その為に購入したものは、大切にするだろうしめちゃくちゃ使うだろうなと。

 

というわけで、smart keyboardをめちゃくちゃ活用していきたいと思います!!

 









ABOUTこの記事をかいた人

アバター

青森県出身。複業ブロガー。 暮らしの事、ファッション、カメラが好きです。 新しいものが好き。のんびりと暮らしていきたい。