モノを減らして、私はモノが好きだと気付いた。




こんにちは。ながねです。

 

ここ1年ほどモノを減らし続けています。

ていうのも、「ミニマリスト」という存在を知ったから。(ちゃんと流行にのった)

 

まだまだ「必要最低限です!」って自信を持って言えるほど減らせてはいないですが、

結構すっきりしてきたかな。

 

”まだまだ”な私でも、モノを減らし始める前と考え方が少し変わってきたので

この記事は考え方が変わってきた私の途中経過を書きたいと思います。

 

手放す事が気楽になった

 

今使っていないものにすぐ気づけるようになりました。そして、モノを手放すまでのハードルもグッと下がった。

昔のお気に入りも、より簡単に手放せるようになりました。

そして、「今までありがとう」って思えるようになった。

モノに感謝をすると満足して手放せます。コレホント。

 

モノだけじゃなく、行動の面でも辞める事が気楽になりました。

 

使うものを買うようになった

 

条件は、今使うモノorこれからも長く使うモノ

どっちも当てはまるとなおよし。私の場合、この条件で買ったモノはお気に入りになりやすいです。

今使うモノはガンガン使うし、長く使えるモノは総じて使ってて気持ちの良いものが多い。

つまり、この2つの条件を満たすと「使って満足するモノをガンガン使う」という状態になるので必然的にお気に入りにランクインできるのです。

 

買う時はお気に入りを。

そうすると、お気に入り候補が多少高くても買ってしまうのだけど買った後の満足感は段違いです。なんせ、買う時以上に使っている時が一番満足度が高いから。

 

ちなみに、こうなるとよく言われるのが「節約になった」という事ですが

その辺は節約になった分、書籍代や投資(仮想通貨も始めた)などなどに使っているので支出はあんまり変わらないかもしれないです。多少減ったくらいかな…。今後はその辺も見直していきたいです。

 

好きなモノを把握できるようになった

 

モノを減らすと、やっぱり自分が好きなモノの存在感が強くなりました。

使わないモノを減らしているので、当たり前といえばそうなのですが。笑

 

持っているモノを把握できるようになってきていて、それが好きなモノである事が増えました。

 

モノが好きだと気づけた

 

家にあるお気に入りのモノはもちろん好きです。

お店で可愛いモノや素敵なモノを見ることももちろん好きです。

 

モノを減らす前はそこまでモノが好きだという自覚はありませんでした。

そのくらい、たくさん持っていたんだと思います。

 

でも、モノを減らして私はモノが好きだと気付きました。

今使っているモノが好きです。

身の回りにあるモノが好きです。

 

だから、手放す時もある。

使うことがモノがある意味だと思えるようになったから。

 

モノが好きだからこそ、たくさん使うために

持ちモノは少なく、身軽でありたいです。

モノにストレスを感じないように。









ABOUTこの記事をかいた人

アバター

青森県出身。複業ブロガー。 暮らしの事、ファッション、カメラが好きです。 新しいものが好き。のんびりと暮らしていきたい。