青森出身の私が選ぶ、青森県のうまいもの




地元の食材はいつだって「故郷の味」

こんにちは、Rootをお読み頂きありがとうございます。

青森県八戸市出身のながね(@nagane45)です。

 

大学入学を機に上京して、7年目。

地元をでても、必ず家にある故郷の味。

この記事では、私の家に必ずある故郷の味を私の独断と偏見で選び、紹介したいと思います。

 

青森県初のブランド米  青天の霹靂

この青天の霹靂は2015年と割と最近発売された新品種なのですが、すでに特Aランクを4年連続で受賞。

青森県初のブランド米です。

さっぱりとした甘さと食べ応えのある適度な固さがあります。

さまざまなおかずに合うのはもちろんですが、白米だけでも箸が進むおいしさです。

 

万能調味料 スタミナ源たれ

青森県のやきにくのたれといえば、まちがいなく源たれ

親戚でバーベキューをするときはもちろん。料理の時の調味料としても大活躍。

 

野菜炒めにも、卵焼きの隠し味にも。塩だれはキャベツとあえて塩キャベツに。

簡単におつまみが欲しいときは、玉ねぎのスライスを源たれで炒めるだけ。

ズボラの味方、万能調味料です。一度試す価値は十分あります。

 

濃縮された青森の味 できるだしシリーズ

去年のお盆くらいに実家に帰った時、青森県のスーパー「ユニバース」で発見しました!

テーマは「美味しく減塩」

塩分摂取量が多い、青森県民にはグサッと来るフレーズです…笑

 

青森県の野菜を乾燥させた、野菜ミックスはお湯でもどしてもシャキシャキ感があります。

ご飯に野菜ミックス・鶏がらだし・塩コショウを乗せ、お湯をかけるだけで簡単お茶漬け?に。

手軽かつ、ほんとに美味しいのでこの食べ方はおすすめ。

 

豊富な出汁の種類は、使う食材や作る料理にあわせて好みで選ぶことも可能。

是非、お好みの味を発見してください。私は、やっぱり煮干しが好きです。

 

青森といえばやっぱこれ りんごジュース

青森県と聞くと、真っ先にイメージするのが「りんご」

そして、そのりんごを最も手軽にしたのが「リンゴジュース」

 

このアオレンのリンゴジュースは、数あるリンゴジュースのなかで一番ベーシックなもの。

多くを語る事はありません。とりあえず、美味しいのでみんなに飲んで欲しい。

 

毎日の定番 かねさの糀つぶ味噌

実家にいる時から、毎日使い続けているお味噌です。

私の味噌汁人生を支えてくれていたといっても過言ではありません。

米糀の風味をしっかりと閉じ込めたこの味噌は、食材の味を邪魔することなくしっかりと引き出してくれます

なにより、味噌が美味しいので、キュウリにつけてそのまま食べるのもおすすめ(塩分)。

 

できるだし+野菜ミックスと合わせて即席みそ汁を作るのもおすすめ。

めちゃくちゃ簡単なので時間がない朝でもあったかい味噌汁を飲むことが出来ます。ホッとしますよ。

 

ウニとアワビのお吸い物 いちご煮

フルーツのイチゴじゃないよ。

 

昔は、お祝いの席など特別な日に食べていたそうです。

かといって、今でも日常的に食べる人は少ないと思います。

やわらかな潮の味と濃厚な出汁の風味があり、青森県の贅沢品

 

私は、貧乏精神があるのでお吸い物として食べたのは片手で数えるほどです。

基本的には、炊き込みご飯にして食べます。その方が、ずーっと美味しさを味わえるから。

 

まとめ

地元の食材は、18歳までの私を育ててくれた食材であり

地元を離れてもなお、私を育ててくれている故郷の味.

 

青森県は、土地も広く歴史や文化がちがう地域も多くあるため

一概にこれがすべて青森の味とは言えません。

八戸出身の私がまだまだ知らない青森の味ももちろんありますが、ここで紹介したものは私が日頃から慣れ親しんでいる故郷の味です。

 

食べたことがないものがある人は、ぜひ一度食べてほしいと思います。









ABOUTこの記事をかいた人

アバター

青森県出身。複業ブロガー。 暮らしの事、ファッション、カメラが好きです。 新しいものが好き。のんびりと暮らしていきたい。