管理すべき日用品の数を減らしたい。




持ち物の数をもう少し減らすためにも、節約のためにも管理すべき日用品の数を減らしたい。

日用品(特に洗剤系)は無くなったら詰め替えを買わなくてはいけない。だから、何も考えずにいるとなんとなくで毎回詰め替えを買ってきてしまう…

ここを減らすことができれば、モノの数が減ると同時に支出も減るのでは。管理する手間や、消費する手間もより少なくできるかもしれない。

冷静に考えると当たり前のことですが、そこは思い立ったが吉日。意識して日用品を減らしていきたい。

家にある日用品をリストアップしてみる

キッチン

  • 食器用洗剤
  • マジックソープ
  • 手ピカジェル
  • 重曹
  • クエン酸
  • キッチン漂白剤
  • クレンザー
  • ドメスト
  • オキシウォッシュ

お風呂

  • シャンプー 
  • トリートメント
  • ボディソープ
  • クレンジング
  • 洗顔
  • ヴァセリンボディクリーム
  • 劇落ちくん黒カビジェル
  • カビハイタースプレー

トイレ

  • トイレクイックル
  • ジョンソントイレブラシ
  • ジョンソンスタンプ

洗面台

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クレンジング
  • クレンジング&洗顔ソープ
  • ヴァセリン
  • ベービーパウダー
  • ゆず油
  • cocuu
  • ヘアトリートメント
  • パック
  • 歯磨き粉

洗濯

  • 衣類用洗剤
  • 衣類用漂白剤
  • 下着用洗剤

リストアップしてみると、結構な量があるな…という印象。これだけの日用品の管理をしていたとは…

使い切るモノ、捨てるモノ

クレンジングの量が異様に多いのは、以前母が宿泊した際に購入して置いていったモノを使い切らずに、スキンケアグッズを頂く機会があったからです。

毎日使うものなので、使い切れば適量になるはず…

お風呂場のクレンジングを使い切ってから、洗面台のクレンジングと交換しよう。

洗面台のクレンジング&洗顔とお風呂のボディソープはマジックソープを使えば一本化できるかも。

マジックソープでそのままお風呂場を洗う習慣をつければ、カビが生えることがなくなるかも。

そしたら、カビ用洗剤もいらない。とりあえず、様子見かな…

衣類用漂白剤はオキシウォッシュで代用できそうなので、使い切ったら買い足しはなし。

洗面台のヴァセリンは使用用途に迷っています…

スキンケア用品はまだ残っているし、スキンケアをちゃんとするようになってからニキビが落ち着いてきたので、肌断食の予定も今のところなし。

用途を調べて検討するか、一度手放すか…

キッチン漂白剤とクレンザーは、長年残っているものなので、一度手放してみよう。必要な時は、重曹やオキシウォッシュで代用を検討。

そんなに汚れるまえに点検をしよう。

パックに関しても、使い切ったら買い足しはなしにしてみよう。スキンケアが習慣になった今なら大丈夫かも。

購入前に再検討。代用できるものは?

今思いつくだけでもこんなに、代用で賄えそうなものや、不要なものが思いつきます。

何気なく必要だと思って購入していた日用品。

使い切れず何気なく持っていた日用品。

これらを少なくするだけでも、今よりもう少し身軽になれるはずです。

使い切って、購入。このタイミングで再検討する。本当に必要なのか。代用はできないのか。

シャンプーやスキンケア用品などは気に入って使っているのだけど、その他の洗剤類はどうだろうか。

小さいモノだけど、ランニングコストを考えた時はそこそこかかっているはず。

その都度検討し、最適な量で管理していきたい。









ABOUTこの記事をかいた人

アバター

青森県出身。複業ブロガー。 暮らしの事、ファッション、カメラが好きです。 新しいものが好き。のんびりと暮らしていきたい。